女性の声――ぶっちゃけ、セフレとの関係のほうが面倒くさくなくていい

このように考えている女性が増えていることは事実です。出会い系サイトを利用することで、今の若い女性たちが特にどのような考え方をしているのかということは何となくうかがい知ることができます。もちろん、世の中には男女ともにたくさんの人がいて、そのすべての人が同じような考え方をしているわけではないので、あまり決めつけることができないのは事実なんですが。

結婚生活というものについて夢や憧れを持つだけではなく、なんとなく怖いとか、ずっと一人の男性と関係を続けていくのが面倒くさいというような、そういうネガティブな感情を持つ人も増えました。自分自身があまり円満ではない家庭環境で育ったりすると、自分が結婚することについて恐れを抱くようになったり、結婚生活というものにあこがれを持たなくなるということはあるみたいです。なんとなくそういう気持ちは分かりますけどね。

私がせふれアプリを利用して知り合ったセフレの中にも、まさにそういうタイプの女性がいました。サイトを利用して知り合ってから、彼女との関係はそれなりにうまくいっていると思っていましたし、経済的にもある程度自信があったので、できれば結婚したいと思っていたんです。

ある時、思い切ってそういう話を持ち出してみたところ、あっさりと断られてしまいました(笑)いや、あまり笑いごとでもないのですが、普通、男女関係っていうとすごく脆いものなので、どちらかがどちらかに告白してそれでうまくいかなかったということになったら、それだけで二人の関係が一気に気まずいものになってしまいます。

私もそれは十分に覚悟しました、告白してうまくいかなかったので、ああ、もうこのことは終わってしまったから、さっさとほかの相手を探さなくてはならないというふうに考えていたのですが、結論から言えば、彼女との関係は告白が失敗した後も終わらなかったのです。

彼女いわく、結婚についてはまだ決心がつかないけれども、セフレとしての関係だったらいいよといわれたのです。結婚については「まだ」決心がつかないという言い方がちょっと気にかかったんですが、ひょっとしたらこの先、カノジョを本当に振り向かせることができる日も来るかもしれないと夢見て、彼女とはセフレの関係を続けています。

性欲は女性にだってあるので、やっぱりずっと一人でいるのは寂しいみたいですし、もっとぶっちゃけた言い方をするなら性的な欲求不満もたまるみたいです。恋人同士の関係を持った男性と結婚して、それで本当に自分が満足できるかどうかわからないし、仮に体の相性が合わないなんてことになったら最悪です。

そんな場合であっても、セフレが相手だったら、相手を切り替えるということが割と簡単にできるんですよね。